Auto tune風エフェクトをlogicで作る

logic付属のPitch Correctionを使えばかんたんに、daft pankや中田ヤスタカ風の、通称ケロ声エフェクトを作れます。(実際には詳細にオートメーションなどで調整しています)

まずオーディオトラックを用意します。
そしてトラックのインサートにPitch Correctionをいれます。
そうするとこのような画面が出ます。
このままでは変化はしません。
パラメータを少しいじります。
root を歌う曲のキーに合わせます。
この場合はDメジャーに設定しました。
responseを最速にします。
これで設定は完了です。
かけたい場所の音程を少し外して歌うのがポイントですね。
補正されていわゆるケロ声に聞こえます。
Auto tuneEFXよりもパラメータが少なくかかりも弱いのですがまあまあ使えると思います。
midiには対応していないため、部分的にかけたり転調したりはオートメーションでやっていくしかないのが面倒ですが・・・
満足できない人はAuto-Tune EFXを買いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です