es2 init音の作り方

init音を作る。

まず初期設定のもっともシンプルな音を作ります。
要するに単なるノコギリ波の音がブーっとなる音です。
この音をいじっていきましょう。
これがinit音の設定値です。
まず上半分から見ていきましょう。

まずオシレータ1をノコギリ音にします。2もオンですが三角領域が1によっているので音は出ません。

フィルターカットオフは全開、レゾナンスも0。
その他エフェクトも0にします。ボリュームは0dB。
とりあえずほかにもanalogやらunizonなどいろいろ設定ありますがこれで多少違うところがあってもノコギリ波がでるでしょう。
つぎはenvなど下半分の設定です。

青い部分はとりあえず使いませんのでバイパスしておくか真ん中にあわせて0に設定しておきましょう。
ここで使うのはENV3のみです。これはanpにつながっておりボリューム用のエンペローブになっています。
これがADSRですSのサステインだけ全開に。
これでノコギリ音の設定が完了です。initなど名前を付けて保存しておきましょう。
音作りを始めるときやいろいろ実験してみたいときに便利な音です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です